イノテック(innotech)マフラー/iPE Japan > ブログ > 【innotech】 iPE × フェラーリ F430

Innotech Performace Exhaust

iPE Japanのデモカー

エンブレム、ちょっと遊んでみました。

それはさて置き、
F430に装着するためのF1パッケージ フルシステム
ちゃんと、写真を撮ってきました。

取付けを某スーパーカーのファクトリーにお願いしたのですが、
経験豊富な工場長が珍しそうにマフラーを覗き込んだり、
ひっくり返したりして眺めたあとに
「手間暇かけて、作っていますね。かなり、質が良いですね。」
とおっしゃっていただいたのが非常に嬉しかったです。

エキマニです。
梱包のエアーパッキンから出したと同時に工場長が「ホーッ」とため息を…
とても美しい仕上がりです。溶接跡も消してから磨き仕上げされています。

キャタライザー(触媒)です。
ストレートです。
チェックランプはどうか…
また、報告致します。

マフラーカッター(出口)です。
デモカーにはジェットファイターのチタンを選択しました。
焼き色に目が行きがちですが、工場長は全く別の視点でした。
「これ、本体はパイプの組み合わせじゃなくて鋳物ですね。コストかかってます。」
「しかも締め付けバンドの部分だけ、きれいに別の素材を溶接しています。そのまま締めると割れるからですね。」
「鋳物にパイプを溶接して出口の形を作っています。その上にチタンの部分をかぶせて再度、溶接してますね。」
すいません、そこまで私は気づきませんでした。

数日前の、996ターボの取付けも年配のポルシェひとすじな感じの整備工場の社長が
「エエ、造りやなぁ。しっかりと作っとるわ。機械溶接ちゃうしな。」
ってボソッとつぶやかれてました。

996のオーナー様、取付けが終わってからというもの、一日に何度も電話して来て
「いい音です!!」とか「iPhoneで撮ったムービー送ります!!」とか
「リモコンで切替えしたらナントカ…」とか嬉しい報告を何度もしてきてくれてます。

正直、電話がかかってくるたびに「なんか、不具合あったかなぁ」
と心配になるんですが、話を聞いてホッとしたりしています。

F430の取付け、配線作業等もありますので数日かかると思いますが、楽しみです。

完全に、いちユーザーとしての視点でブログ書いてしまいました…